2017年12月10日日曜日

ヴィジョンが叶う時①

ひとはそれぞれ、胸に浮かぶヴィジョンを大切に抱いて暮らしている・・・、

と、私は思っています。



ココで言うヴィジョンとは、
個人の『夢』や『願望』『目標』とは少し違います。


なぜかフッと浮かんでくる風景、情景のようなものと言ったほうが近いかもしれない。



それを、

夢物語にするか。

現実的なゴールとして具体的に行動するか。


妄想として楽しむか。

はたまた、
ヴィジョンを観ていることに気づかないか。

さまざまに。





私も、そのようなヴィジョンをいつくか大切に持っています。

誰にも言わずに胸の内にしまっているものもあるけれど、


コレは形創っていきたいな!というモノは、

誰かにお話をしながら、
掴みどころのないものを、言葉にだしつつ
アウトラインが産まれてくるのを楽しんでいます。


さて、今日は、そんなヴィジョンの中のひとつが叶う日となりました。


『コウノスケの国語の授業』








中学校時代の恩師、コウノスケ先生とは、数年前から友人ユキさんとともに、
アドラー心理学の勉強会と称したおしゃべり会を続けています。

この時間は私にとって、宝物のような大切な時間。

どんな話題も話し合う。
軽やかなのだけれども、
自分の考えを話すことと、人の考えを聴くこと、
そして新しい自分の考えを産み出すことが自然と行われていて、

人間としてのバランス感覚を養わせてもらっている、そんな感じ。


このスキルを磨くことは、生きる上でとっても重要な力になり、
それは、国語力を身につけることで可能になる・・・かも?。

国語の授業って、すごく大事なんだ!!


先生とお話を重ねていく中で、今更ながら、それを知ったのです^^;



「国語の授業に正解はない。
自分がどう感じ、
人がどう感じているかを知り、

それを元に、仲間同士で評価(尊重)し合うことが目的のひとつ」
と、先生は言います。



つまりそれは、多様な人間社会を受け入れ、
人間同士、よりシンプルで豊かな関係性を築いていく基礎になるのではないかな???



ソラの家のコンセプトとも繋がる・・・。



で、毎月のおしゃべり会の中 浮かんでいたのが、
『コウノスケ先生の国語の授業を、大人が受けている』のヴィジョン。


いつか実現しよう。

先生が退職したらよろしくおねがいしまーす。



数年後にね・・・。





と、そんなある日。

突然、前出のユキさんから

『今度の日曜日、コウノスケ先生の国語の授業があるんだって。
行かない?』とのお誘いメッセージが!!!!!!



アレ?
私、何かしたっけ??

していない・・・。

 誰が・・・?


いやいや、そんなのどうでもよい!




行きます!

行きますとも!!!




 つづく。



2017年12月9日土曜日

ソラのガーデン 冬ごもり

霜も降り、

雪も舞い始めたので


ソラのガーデンも本格的な冬支度を。

といっても、今年植えた植物たちは、初めての越冬。

無事越えられるのか、実験でもあります。


確実に鉢上げしたほうが良いものは植え替えて、
屋内に移動。


鉢上げしたほうが安心だけど、
ちょっとお試しに外にいる?

鳴沢の寒さに少しずつ慣れて、元気に育ってね、という植物には、

落ち葉の布団をかけて。


寒くて美しい冬がやってきます。

秋明菊のモコモコ


フカフカの落ち葉




 
水菜。勝手に生えてるし笑




 
イチゴは春に向けもう準備を進めています。







天中殺〜自然のエネルギーを活用する

昨日はミオちゃんの算命学個人セッションでした。

お受けいただいた方は、ご家族の星と、ご自身の星との関係性を知り、理解することで、これまでの肩の重荷がスッととれたようです。


『私たちの天中殺、もう少しで明けるね!』
お客様をお見送りしながらミオちゃんがポツリと。

生まれた日干支が同じグループの私たち。すっかり忘れていましたが、2年間の天中殺期間だった!

それが立春の頃明ける。




だからかぁ。

この2年間を振り返り腑に落ちる私。


天中殺は良い悪いで判断するものでなく、自然の法則の一端。
季節でいうと『冬』のようなもの。


じっと内側へ向かい、自分の影、闇を見つめる大切なトキ。

その闇の中から、キラリと輝くヒカリが瞬くのをじっと待つ。


忍耐力を養うトキ。



不要になったもの、古いものを選別する。

新しいことを始めるより、終わりにすることのほうがしっくりくるトキ。





本来は、紐が切れた凧のように、風まかせでフラフラしたい私が、

ソラの家という箱の中で、
人々が来てくださるのを待つことは、

実はとっても苦手なこと。

自ら動いていきたい、から。


この2年間は、
受け身、待つこと、じっくり学んだ。

学ばされた。笑








コチラの絵は、
しばたじゅんさんの最新作の中の一枚。

先日伺った個展で、
この絵に添えられた一文にとても惹かれた。

『距離を置き 待つことだけが 貴方へと
 出来る愛なら  石にもなろう』




青色のキーワードには
『受容』という言葉がある。

全て包み込む海のような

全てを見通し受け入れるソラのような


なにもかもを受け止めている母なる地球、マザーアース。

青い星


女性性の本質






しばたさんが創作したこの歌には、
女性本来の強さを感じたの。


待つことで得られることがあるということを
ここ数年で 体験していたから、

余計にココロに響いたのかもしれない。



進むだけがエネルギーを発動しているわけではない。

止まるというエネルギーの動きを体感したから。








どちらかというと楽天的な私。
(テキトー、大雑把、ともいう)


なのに、この2年間は、割と
後ろ向き、
不安、
迷いの中に身を置いていたのは、天中殺のエネルギーを活用していたんだ(^^)とするならば、


すごいね、人間って笑笑


とはいえ、そろそろ軽やかに動き出したい!


来年の春が、楽しみだ(^^)



ミオちゃんの算命学個人セッションについてのお問合わせは、
こちらをご参考になさってくださーい。
ワンネスへの道 未青さん算命学個人セッションについて

2017年12月5日火曜日

シンプルがいいね〜その2

 こちらのお話のつづきです
シンプルがいいね〜その1 
(あ、今月の養生アロマ教室は、12月31日大晦日でーす!

「なぜ、この日に?」

いえいえ、
あえてのこの日に(^^)

一年の総ざらいに♡
どうぞご参加下さいね〜。)


最近の私のお気に入り『気休め(^^)』方法。



体やココロに不調を感じているときは、自然に反しているやり方をしているだけと私は考えています。

気づいたら、自然を観察し、
自分が捉えているエネルギーの本来の質にあった場所に誘導していく。

重いと感じるエネルギーだったら、下に下ろせばいい。
それが自然なことだから。



軽いのか、重いのかわからない!!!ってときは、

わーーーって放り出す(笑)

そうすると、自然と、成るようになってる(笑)


結果、気が晴れ、
ココロに爽やかな風が吹き抜けるようだったら、

「あ、あれは重かったんだね」と知る。

ひとつ、ひとつ。


面倒だし、もどかしいけど、
仕方がない。

わかんないんだもん。笑

やって、覚えて、身につけていくしかない。




そうして、カラダもココロもバランスがとれ軽やかに行動できるときは、

中心点であるハートをより明確に認識できるようになります。

人はハートに浮かぶヴィジョンを元に行動していきたいと望んでいます。

魂の声を聴く。
使命をまっとうする。



責任感ややりがいは頭ではなく足元に下ろすイメージをします。
すると大地をしっかりと踏みしめて、力強く物事に取り組めるようになります。

重いものは下に向かう性質があるから。
(重力のある地球上での話です)

軽いものが良くて、
重いものが悪い、とか無いんです。

適材適所。




たとえ、現状が変わってなくても、
重いな〜と感じるココロの持つ場所を意識的に下に下げていくだけでもカラダとココロ持ちは変化します。



ポジティブとネガティブ
も単なるエネルギー。


重い質の陰エネルギー(ネガティブ感情)を上の方でもとうとするから、肩もこるし、胃もキリキリしちゃう。

おろして、それを活用すれば良い。



たとえば、怒り(イカリ)は、錨(イカリ)を下ろすように、
しっかり地に足ついて仕事に取り組めるように。

それと同時に、軽やかな陽エネルギー(ポジティブ感情)は上の方に向かわせ、楽しいワクワクするようなヴィジョンを持ち続けるようにする。


その中間に、軸となる中庸、空、中心が産まれる。
たぶんそれはハートチャクラのあたり。
(具体的な場所というより、概念で捉えてね)




自然が全て教えてくれる

人間も自然と同じ

天人合一

大宇宙と小宇宙
同じ原子からはじまっています。


わからなくなったり、
混乱したら、

立ち止まって、

自然に学べばいい。


とってもシンプル。

先日伺ったマシマタケシさん個展での一枚。

ヒカリとの偶然のコラボレーション。

「見えなくても、いつも一緒だよ」

そんな風に囁かれているみたい。








* * * * * * * * * * * * *

ソラの家2周年感謝企画
『ほぼ全コース 41%off!!』

同時開催
『価格はあなたに決めてほしいの♡』もやっとります(^^)

12月31日まで!!!

お早めにご予約くださいね〜。

2017年12月1日金曜日

12月の営業について

温かい朝でしたね〜。

12月は、ソラの家にとってメモリアルな月。

21日の2周年に向けての感謝企画やワークショップなど

割りと?(笑)盛りだくさんでやっております。

まだソラの家に来たことがないという方も、
ぜひこの機会に足をお運びくださいね〜。


ソラの家2周年感謝企画!!!
ソラの家の全コースを41%offでお受け頂けます!!!
※リバースセラピー(進行中の方含む)と商品は除外となります。

嬉しいことに、すでにご予約が埋まってきております。
ご興味のある方はお早めにご連絡下さいね。

12月31日までです!!


 
12月の営業について
施術・セッションのご予約は随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
ご予約、お問い合わせフォームはこちらから。

《特別セッション・ワークショップ》
  参加申し込み受付中!

『未青さんの算命学セッション』
 ●8日 13:00〜14:30(1枠)

『トッチの神聖幾何学ワークショップ』
 ●20〜21日(水、木) 10:00〜15:00 (残り2枠)

『いのちの種を抱きしめて〜一緒に観て、語りましょう〜』
 ●18日(月)13:00〜15:00
 ●25日(月)19:00〜21:00


《ソラの学校》

『自分とやさしく向き合うヒーリングヨガ』
 ●火曜朝クラス(10:00〜12:00) 5日、12日、19日、26日
 

『バッチフラワーレメディー ベーシックコース』
 ●7日(木)、14日(木) 10:00〜13:00 (第5,6回目/全6回コース)
  
『バッチフラワーレメディー アドバンスコース』
 ※ベーシックコース受講者対象です
 ●15日(金) 10:00〜13:00

『養生アロマ教室』
 ●31日(日) 10:00〜12:00

『幸せな暮らしの精油』
 ●18日(日) 10:00〜12:00(2回目)
  ※まだご参加できますよ。詳細はお問い合わせ下さい。


『出張講座』
 ◎11日(月)10:00〜12:00
 ◎25日(月)10:00〜12:00

定休日 毎週水曜日





     

2017年11月27日月曜日

シンプルがいいね〜その1

昨日は、養生アロマ教室でした。

この日は、参加者のお一人、Tさんのこんな一言から教室の流れが生まれました。

「来週、大きな仕事があってその準備やら何やらが立て込んでいて、(そのせいか)肩の辺りが重いし、心配で気が重いの〜。でも楽しんでいる部分もあるのよ。そのちゃん、どうしたら良い?」


養生アロマ教室のベースになっているのは、東洋医学の「陰陽五行説」という考え方。
とってもシンプルに宇宙の仕組み、自然の摂理を表しています。

「木」「火」「土」「金」「水」5つのエレメントからなる五行説に沿って、季節にあった養生のための精油選びをするのですが、
この日は「陰陽」の観点から、Tさんのテーマを一緒に考えることになりました。



まず、「肩が重い」という症状。

原因を探っていけば「運動不足」や「パソコンやスマホで〜」、「ホルモンバランスの乱れ〜」など、色々と見つかるでしょうが、


この日はあえて、シンプルに。
現状をエネルギーの状態、氣の状態に置き換えて、
いつもとは違った視点から観察していきます。



自然は全て『陰陽』という相対するエネルギーのバランスで成り立っています。

朝と夜
熱いと冷たい
オモテとウラ
男と女
上と下
軽いと重い
虚と実

などなど。

これらのバランスが絶妙なときには、調和が生まれ、美しく、軽やかなエネルギーが漂います。

逆にバランスが崩れている時は、ギクシャクしていてトゲトゲしく、重苦しい感じになります。


自然界では、軽いもの(陽)が上に、重い物(陰)は下にいく性質があります



気が重い、肩の荷が重いというのは、
下にあったほうがバランスが取れるものを、
あえて上に持ち上げているから苦しいと考えてみましょう。


Tさんの場合の
楽しんでいる側面を『陽』とすると、
プレッシャー(責任感とかやりがいとか)は、そのことを考えると気が重いので
エネルギー的には『陰』のエネルギーに分類するとします(陰陽は相対的なので、状況に応じて変化しますよ)。


陰は下にあるのが心地よいのですから、
プレッシャーを重荷に感じるのであれば、
下ろせばいい。
誰かに少し持ってもらうとか。

一人で抱えすぎているのかもしれないな、と捉えてみます。


もし、それができない!というのであれば、
イメージ力を使います。
肩に乗っている重みを、足元の方へ移動させるんです。

イメージで。

?????って思います?

やってみて下さい。笑



さて、

なぜわざわざ、下にあればいいものを、上に上げてしまうか。

上とは、思考です。アタマ。

陰のエネルギーの方が
密度が濃いのですね。
だから、このような思いは実態があるように勘違いしやすく、
思いを寄せやすいのです。


「こうしなければならない」
「成功させなければ」
「失敗したらどうしよう」
「できないと思われたくない」
云々カンヌン。

そういう思考癖がカラダに緊張感を与え、
肩に力が入っちゃうんですね。




陰のエネルギーは、
コツコツと、
地に足をつける、
実践する
形にする
物質的・・・。


何かを実現させるには、陰のエネルギーってとても大切なのです。

ワクワクしているだけでは、楽しいだけで終わってしまいますが、

陰のエネルギーで土台をしっかり保ち、
ワクワクの陽エネルギーがウキウキのヴィジョンを保つことで
全体的な調和が生まれます。



上へ行くエネルギーは上へ、
下へ行くエネルギーは下へ。

エネルギーの質を捉えて活用するのです。



すると自然と、中心点があったことに気づきます。

ハートです。

物事の動機が発動するところ。


何かを「やりたい!」というのは、
頭にヴィジョンが浮かんでいるのでは無いのですね。



全て、ハートからはじまります。


バランスを崩しているな?と気づいたら、

ハートに戻ればいいんです。


つづく。


2017年11月21日火曜日

未青さんの算命学セッション@ソラの家 干支番号14の女たち

未青ちゃんと私は、
60ぶんの一の確率で
同じ干支番号14番の二人
 
【丁丑】

算命学で読み解くと、
こんな感じになります。

☆☆☆以下、未青ちゃんのセッション内容です☆☆☆


丁丑は 陰の火と陰の土があわさる
火生土の関係です。
伝達本能の火が 伝わると、
土の引力本能が働き
人が寄ってきます。
土の上で火が燃え続け、
伝え続けるためには
木材が必要で薪をくべる
イメージで…(´艸`)
木のものを周りにおいて下さいね✨

♡丁丑をあらわす言葉たち♡
芸術的才能、行動する意識、奉仕の精神、自然体、美しいものへの意識が深い、職人気質。
また 繊細で不安定、のんびり、疑い深い(笑)など

丁丑は、一定の距離を保ちながら相手に合わせますが内面には頑固な面を持っていて、譲れない時には絶対折れません。そのギャップから、とてもミステリアスな人という印象を持たれます。

丁丑の丁は 人がおこしてコントロールする火であり、穏やかに燃えるもの。その火のように、安らぎや癒やしも与える性質を持っていると言えるでしょう。

反対にとても誠実で辛抱強い干支なだけに、感情を我慢して溜め込んでしまうことも考えられます。これが溜まり過ぎると、火が一気に燃え広がるように、感情的になる可能性も。これも丁丑が持つ豊かな感受性の表れ。小出しに感情を出して行くことが必要です( ´ ▽ ` )



個人セッションでは、この他にも、

その人が生まれ持った星の特質を読み解き、

今に活かす道標を示してくださいますよ。


ご自身の星をさらに輝かせる、なにかヒントを手に入れられますように☆

12月8日 13:00〜 
未青さんの算命学セッション@ソラの家


干支番号14の女たちのオフショット。

未青ちゃんの顔の小ささったら(>ω<)